A.以下のものが有効であるとされています。 
  1. 金利差
  2. 購買力平価 
  3. 実質レート 
  4. リスクリバーサル 
  5. CFTC建玉明細 
  6. ボラティリティ(ATR、ボリンジャーバンド)
  7. 自己相関(トレンド、リバース) 
  8. 株価指数
  9. センチメント
  10. 価格帯出来高
  11. コモディティ 
  12. インプライドボラティリティ
それぞれは、影響を与える対象(価格の上下、ボラティリティの拡大縮小)、影響を与える時間枠、影響力の安定性、データの入手の難易度等が異なります。売買システムを構築する際には、 こうした要因を考慮しながらファクターを選び、組み合わせるようにしましょう。