A."ある程度"は可能です。 なお、有効性は時間枠や通貨ペアによってそれぞれ異なるので各自研究してみましょう。 ちなみに、価格の方向のよりもボラティリティの変化の予測のほうが簡単です。 この事実は、順張りシステムを運用する際の取引するリスク量の調整に役立ちます。このことは別途、解説します。