A.はい。まずは、ボラティリティの定義が重要になります。

ボラティリティを定義する方法として、ATRや標準偏差などがありますが、いずれの方法を使うにしても、将来のボラティリティの拡大縮小を予測する場合、「過去のボラティリティの拡大縮小の推移」が重要になります。

例えば、ATRとATRの移動平均線を二本引き、その差分を取ってみましょう。
その差分と、将来のボラティリティの動きを散布図にプロットしてみて下さい。

きっと面白いことがわかるはずです。

関連記事:
Q.インプライド・ボラティリティで将来のボラを予測できますか?